各種カードローンの審査基準について

カードローンには様々なタイプが見られますが、大きく分類すると2つに分けることができます。 1つ目が銀行系や信用金庫系のカードローンです。大きなメリットの1つとして挙げられるのが金利の低さですが、その分審査基準が厳しいと言うデメリットがあります。しかしながら、1つの銀行で審査落ちをしてしまったからといって諦める必要はありません。他の銀行は利用することができる可能性も十分にありますから、複数の銀行に申し込みをしてみると良いでしょう。銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、仮に年収の3分の1以上の借り入れが既にあったとしても利用することができる可能性はあります。ただし、審査基準が厳しいですからある程度の安定した年収がないと難しいかもしれません。

2つ目に上げられるカードローンは消費者金融系です。テレビコマーシャルなどでもお馴染みとなっていますから、知らない人は少ないと言えるでしょう。昔に比べるとだいぶイメージも良くなりましたが、やはり銀行系と比較すると金利が高いと言わざるを得ません。しかしながら、消費者金融系カードローンの最大のメリットは審査基準の甘さと融資までのスピードの速さです。安定した収入がないため、銀行のカードローンが全滅してしまった人でも借りることができる可能性はあります。また、無利息期間を設けている消費者金融もありますから、賢く利用することによってほとんど利子を支払うことなく活用することができます。逆に、いつまでもダラダラと借り続けてしまうと、かなりの金額の利子を支払うことになってしまいますから要注意です。また、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となっていますから、すでに年収の3分の1以上の借り入れが他の金融機関からある場合は借りることができません。そもそも、年収の3分の1の借り入れがある時点で返済が厳しくなることが予想されますから、借金地獄に落ちらないようにするためにも借りすぎには注意しなければなりません。