カードローンの審査には必ず在籍確認がある?

カードローンからお金を借りるためには、必ず在籍確認があると考えておくべきでしょう。お金を借りるということは、金融機関に対して信用を提供することを意味します。当然ながら信用力ゼロでは、たとえ1万円でも借りることはできません。信用力は審査でチェックされますが、ここでは安定収入が最重視されます。チェック方法は金融機関によってやや異なりますが、大まかな内容は年収・勤続期間・他社借入などが考慮されます。非正規より正規雇用のほうが優遇される理由は、収入の金額以上に安定性があると判断されるからです。在籍確認というのは、申込者が該当する勤務先に在籍しているか確認するためのものです。カードローンやキャッシングなどの多目的ローンでは、9割以上の確率で在籍確認があると言われています。

金融機関側が確認なしでも大丈夫と判断すれば別ですが、はじめて借りる金融機関の場合はほぼ100%あると考えておくべきです。原則として在籍確認なしと謳っているカードローンもありますが、確実にないわけではありません。最初から確認ありと考えておいたほうが、心の準備もできるというものです。カードローンの審査を受けるためには、本人確認書類が必須となります。収入証明に関しては、50万円までは不要とする金融機関がほとんどです。消費者金融の場合だと、50万円超から収入証明を必要とするケースが多いです。50万円未満だと本人確認書類のみでOKとなることが多いですが、在籍確認についてはあると考えておくべきでしょう。消費者金融で借入できる金額というのは年収の3分の1以内となります。収入証明不要の50万円の借入をする場合、最低年収で150万円以上が必要となりますが、この年収は多くの方がクリアしています。そのため収入証明は不要とするケースが多いですが、在籍確認はあると考えておきましょう。嘘偽りない情報で申し込みするのがカードローンの審査に通過するコツですから、嘘の記入をする意味はありません。